処置室

慢性疼痛
Chronic pain

慢性疼痛とは?

特定される原因がないのに、痛みが慢性的に続く状態を慢性疼痛と言います。けがや病気などが完治した後も3ヶ月以上痛みが続く場合やがん、糖尿病、関節炎、線維筋痛症などの慢性疾患や治らないけがが原因の痛みが続く場合などが慢性疼痛に該当します。

腰痛.jpg

症 状

慢性疼痛は明らかな原因がないのに鈍い痛みが広がります。痛みによって自律神経症状(睡眠障害、食欲減退、味覚減退、体重減少など)を

引き起こすことがあります。持続的な痛みで精神的にも負荷がかかり、抑うつや不安を引き起こし、日常生活に支障をきたす場合もあります。痛みにばかり意識が向いて不活性になり、引きこもりに陥るなど、心理的及び社会的障害が深刻になってしまうことがあります。

痛みの中には「どこが痛いのかわからない」ものもあります。この場合検査を行っても異常が見当たらないことがほとんどです。

このような痛みに何十年もの間付き合うことで、感覚が麻痺して痛みが分からなくなる人もいます。

慢性疼痛は持続性のある鈍い痛みが特徴ですが、しばしば激しい痛みが短く再燃することがあります。慢性疼痛の治療中に突然現れるため、

突出痛とも呼ばれています。突出痛には個人差があるほか、そのほとんどの場合が予測不能とされています

​原 因

特定の原因が分からないのに痛むのが慢性疼痛です。急性の痛みが起きたときに適切な治療を行わずに放置してしまった場合、痛みが別の痛みを誘発させて慢性化することがあります。また、痛みが長引くことで血行不良となり、血管の収縮と血行不良によって痛みをだす物質が発生することで慢性的な疼痛となります。

慢性疾患(がん、糖尿病、関節炎、線維筋痛症)が引き起こすことがあるほか、けがや不安などの心理的要因が原因になることもあります。

心理的要因によって悪化する慢性疼痛は、慢性疼痛症候群と呼ばれます。

診 断

神経伝導検査・神経生理学検査で、中枢神経や末梢神経・三叉神経痛に関して以上を調べます。狭心症など他の疾患の関連痛や心理的要因の疑いがある場合も、まずは身体的検査を行います。このような検査は当院では行えないため、医師が必要とした場合には連携している医療機関に紹介させていただきます。精神障害が痛みの原因の場合は、正式な精神医学評価が行われます。

治療方法

薬物療法

一般的に行われる治療方法です。

消炎鎮痛薬や抗炎症効果のあるステロイド薬・神経障害に対応した各種薬物を併用した治療を行います。

 

リハビリテーション

運動療法は、安静や生活指導等と比較すると慢性疼痛と機能障害に対して有効であり、慢性腰痛・変形性膝関節症・慢性頸部痛に

ついては強く推奨されています。当院では、医師の指示に従い理学療法士が対応いたします。体を動かすこと自体が痛みに良い影響をもたらします。徐々に体を動かしていき、日常生活のレベルを上げることで充実した生活に戻ることが可能となります。

トリガーポイント注射

肩や背中・腰などさまざまな部位でみられる痛みを発する点をトリガーポイントといいます。この点を強く圧迫すると痛みが

生じます。その周辺や離れた部位には放散痛が出ることもあります。これらの痛みを局所麻酔薬のトリガーポイント注射によって

緩和させていきます。

 

関節注射

関節内にヒアルロン酸ナトリウムやステロイド薬を注射して、痛みを緩和させるものを関節注射といいます。

ヒアルロン酸ナトリウムは、肩関節周囲炎や変形性膝関節症に有効で、軟骨を保護して関節の可動領域を広げます。

ステロイド薬は、関節リウマチや腱鞘炎などに有効で、抗炎症作用を目的として行われます。