処置室

ハイドロリリース
HYDRORELEASE

ハイドロリリース.jpg

ハイドロリリースは近年注目されている疼痛治療の方法です。

ハイドロリリースとは、ファシアと呼ばれる様々な組織を包む膜の表面に出現する発痛源を注射で治療するもので、ハイドロ

(液体)でリリース(剥離・緩める)することを意味します。

 

 

超音波診断装置(エコー)を確認しながらピンポイントで生理食塩水や薬液を注入し、筋膜同士の癒着を剥がします。癒着が

剥がれると筋肉の滑走性が改善し、痛みが和らぎます。

ハイドロリリースは筋肉の収縮と硬直が成因となった肩こりや腰痛にはとても有効な治療法です。例えば、五十肩で靱帯の柔軟性が低下して肩の可動域制限が生じている場合や後頭部の筋緊張亢進に伴う疼痛などに対し靱帯や筋膜のリリースを行うことで肩の可動域の改善や後頭部疼痛の改善が期待できます。

同様に、変形性膝関節症などで膝周囲の靱帯、筋の柔軟性が低下している場合にも靱帯のリリースで軽快することが期待できます。

 

 

慢性の肩こりや腰痛をお持ちの方は、日常生活動作での不良姿勢や仕事での姿勢や動作に伴う筋肉への過剰な負荷が原因になって

いることが多いので、筋膜リリースと理学療法を併用すると効果的です。