検索
  • sugoriha2020

腰痛予防教室

北柏すごう整形外科の角田裕輔です。

最近では、仕事が在宅に変わったことで腰や肩・首の痛みが生じ来院されている方が増えてきています。

腰痛の原因は、仕事や普段の姿勢からくるもの・身体の柔軟性が低下しているもの・体幹の筋力が低下してくるものなど様々あります。

腰痛の原因を理解して、ストレッチやトレーニングをすることで腰痛を予防することができます。

腰痛が生じてからではなく、腰痛になる前からストレッチやトレーニングをしていくことが重要となります。

そのため、腰痛について理解する・ストレッチやトレーニングの方法を指導する腰痛予防教室を開催したいと思います。

日時は、10月7日(水)14時00分から15時30分(受付1時間30分)です。

場所は北柏すごう整形外科(リハビリテーション室)で行います。

対象は50-70代の方で医師から運動制限をされていない方とします。

持ち物は大きめのバスタオルと飲み物、動きやすい服装でお願いします。

料金は無料で実施します。

新型コロナ対策として、3密とならないように換気、手指消毒の徹底、少人数の5名で行わせていただきます。

参加希望の方は、Mail:sugoriha2020@gmail.comまでご連絡ください。

※参加するにあたって

発熱のある方は、参加できない場合があります。

 必ずマスクの着用をお願い致します。

今後の新型コロナの影響により開催を延期させていただく可能性もあります。延期になった場合はホームページにてご連絡させていただきます。



腰痛予防教室 チラシ
.pdf
Download PDF • 308KB


70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オスグッドシュラッター病

北柏すごう整形外科の丹野です。 今回はオスグッドシュラッター病(以後オスグッド)についてお話しします。 オスグッドは膝の脛骨粗面という膝の下の部分に生じる骨端症であり、成長期にスポーツ障害として発症します。太ももの前を覆い膝の下に付着する大腿四頭筋のウォーミングアップ不足や重心が後ろに残った状態、身体が硬い状態でスポーツでのダッシュやジャンプなどで膝を繰り返し屈伸することにより大腿四頭筋の付け根の

筋力測定器を導入しました

北柏すごう整形外科の莅戸です。 リハビリ室に新たに筋力測定器(HHD:Hand Held Dynamometer)を導入しました。 下肢の筋力が低下すると歩くときにふらついてしまったり、歩くのが遅くなることや転んでしまう大きな要因となります。下肢の筋力を測ることは,患者様の筋力を把握するために重要な評価です。特に膝を伸ばす筋力は歩行における足のバランスを保つ目安となり、歩行の安定性や歩行速さと密接

BLS講習に参加して

北柏すごう整形外科の丹野です。 先日、スタッフ2名と院外でのBLS講習に参加してきました。 BLS(Basic Life Support)とは初期救命救急処置のことで、心肺停止や呼吸停止などに対する一次救命処置のことをいいます。 今回参加した勉強会では個人で行うBLSの他に、チームで行うBLSを学びました。4人1組のチームの中でそれぞれ役割を持ち、1人の救助者に対してBLSを行いました。私が担った

受付

​04-7167-0770

リハビリ

変更・キャンセル

​070-5584-0771