検索
  • sugoriha2020

無料講座 スポーツ障害予防 ストレッチ

最終更新: 2020年8月17日

スポーツ障害予防

北柏すごう整形外科の角田裕輔です。

先日、スポーツ障害の方が増えてきていることやストレッチの重要性についてお話しさせていただきました。

ストレッチをすることで、怪我の予防や神経・筋肉の働きを高めることができます。

患者さんのストレッチを確認すると間違った方法や意識でストレッチをしている方が多くみられます。

間違ったストレッチの方法は、逆に身体を壊すことつながる可能性があります。

そのため、ストレッチの方法を指導する、スポーツ障害予防教室(ストレッチ)を開催したいと思います。

日時は、8月22日(土)14時00分から15時30分(受付1時間30分)です。

場所は北柏すごう整形外科(リハビリテーション室)で行います。

対象は小学生、中学生で怪我によって運動制限をされていない方とします。

持ち物は大きめのバスタオルと飲み物、動きやすい服装でお願いします。

料金は無料で実施します。

新型コロナ対策として、3密とならないように換気、手指消毒の徹底、少人数の5名で行わせていただきます。

参加希望の方は、Mail:sugoriha2020@gmail.comまでご連絡ください。

※参加するにあたって

発熱のある方は、参加できない場合があります。

 必ずマスクの着用をお願い致します。

今後の新型コロナの影響により開催を延期させていただく可能性もあります。延期になった場合はホームページにてご連絡させていただきます。



スポーツ障害予防教室 チラシ 修正
.pdf
Download PDF • 304KB



68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

椅子への座り姿勢について

北柏すごう整形外科の早坂です。 外出の自粛や在宅でのリモートワークへの変化などで外出や運動の機会が減り、長時間座って仕事やテレビを見る時間が多くなっていると思います。それに伴い、首や腰の痛みを訴え来院している方が多くなっていると感じます。また近年では学生の首や腰の痛みも多く見られます。これも授業やゲームなどで長時間座っていることが理由の一つになっています。 そこで今日は椅子への座り姿勢についての話

受付

​04-7167-0770

リハビリ

変更・キャンセル

​070-5584-0771