検索
  • sugoriha2020

手や足の浮腫み(むくみ)の原因と対策

こんにちは、北柏すごう整形外科の角田です。

よく『手や足が浮腫みやすくて、何か対策はありますか』と聞かれます。

今回は、浮腫みについて話したいと思います。


浮腫みは、血液の循環が悪くなり余分な水分が手や足などの体に溜まった状態です。

浮腫みの多くは病的なものではなく、体質や生活習慣によるものです。夕方に症状が重くなる・寝れば翌朝には治るという場合はあまり心配はいりません。

しかし、急に浮腫むようになった、片足だけ浮腫む、痛みを伴うといった場合には病院の受診をおすすめします。


浮腫みの原因として

・不規則な食生活による栄養の偏り

・立ちっぱなし、座りっぱなしなどの生活・仕事環境で体をあまり動かなさい

・運動不足、加齢や怪我などによって筋力が低下


これらによって血液の循環が悪くなり浮腫みが起こります。


浮腫の対策として

・食事では水分、塩分の過剰摂取は避けましょう

・運動はウォーキングや階段の上り下りで、筋肉を鍛えてポンプ機能を働かせましょう。

また、足首をグルグル回してほぐしたり、かかと上げ・爪先立ちを行いふくらはぎを動かす。手ではグーやパーなどの運動をすることです。


・手や足の下にクッションなどを入れて、手や足の位置を高くすることも効果的です。

・立ちっぱなし、座りっぱなしにならないように定期的(30分)に休憩をはさみ、運動やストレッチを行いましょう


最初は無理のない範囲から始めていきましょう。

50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

理学療法士って

北柏すごう整形外科理学療法士の松隈です。 今回は「理学療法士」について説明したいと思います 理学療法士は3年または4年制の専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格することで免許を取得できる国家資格です。 理学療法士の役割は色々ありますが、「運動器リハビリテーション」に限っていえば、怪我や病気などにより日常生活動作やスポーツなどに支障をきたした方に対して筋力トレーニングやストレッチ、動作分析を行います

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。 よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。 <冷やしたほうがいい場合> ・怪我したてで患部が赤くなっている ・熱く腫れている ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー) ・スポーツ後ズキズキ痛むとき <温めたほうがいい場合> ・筋肉が張っているとき ・凝り固まっているとき ・