検索
  • sugoriha2020

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。


よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。


<冷やしたほうがいい場合>

 ・怪我したてで患部が赤くなっている

 ・熱く腫れている

 ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー)

 ・スポーツ後ズキズキ痛むとき


<温めたほうがいい場合>

 ・筋肉が張っているとき

 ・凝り固まっているとき

 ・関節の動きが硬いとき


上記を目安にして頂ければと思います。


また、冷やしてくださいと伝えると湿布貼ったらいいのか聞かれますが、湿布はそもそも冷やす効果は直接的にはないものです!

冷湿布はメントールが配合されているのでひんやり感じますし、逆に温湿布にはトウガラシ成分のカプサイシンが配合されているのでポカポカ、ヒリヒリ感じますが、どちらも皮膚の感覚なので直接的に温めたり冷やしたりの効果はないといえます。


シンプルですが冷やすならビニール袋に氷を入れて15分患部に当てて冷やす!

温めるのであればホッカイロや湯たんぽで温める!

という方法が良いと思います。


今後も診察で聞かれた疑問を発信してければと思います。気になることや相談したいことがあればいつでもご質問下さい。

61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

理学療法士って

北柏すごう整形外科理学療法士の松隈です。 今回は「理学療法士」について説明したいと思います 理学療法士は3年または4年制の専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格することで免許を取得できる国家資格です。 理学療法士の役割は色々ありますが、「運動器リハビリテーション」に限っていえば、怪我や病気などにより日常生活動作やスポーツなどに支障をきたした方に対して筋力トレーニングやストレッチ、動作分析を行います