検索
  • sugoriha2020

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。


よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。


<冷やしたほうがいい場合>

 ・怪我したてで患部が赤くなっている

 ・熱く腫れている

 ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー)

 ・スポーツ後ズキズキ痛むとき


<温めたほうがいい場合>

 ・筋肉が張っているとき

 ・凝り固まっているとき

 ・関節の動きが硬いとき


上記を目安にして頂ければと思います。


また、冷やしてくださいと伝えると湿布貼ったらいいのか聞かれますが、湿布はそもそも冷やす効果は直接的にはないものです!

冷湿布はメントールが配合されているのでひんやり感じますし、逆に温湿布にはトウガラシ成分のカプサイシンが配合されているのでポカポカ、ヒリヒリ感じますが、どちらも皮膚の感覚なので直接的に温めたり冷やしたりの効果はないといえます。


シンプルですが冷やすならビニール袋に氷を入れて15分患部に当てて冷やす!

温めるのであればホッカイロや湯たんぽで温める!

という方法が良いと思います。


今後も診察で聞かれた疑問を発信してければと思います。気になることや相談したいことがあればいつでもご質問下さい。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第33回ハンドセラピィ学会学術集会に参加して

北柏すごう整形外科の莅戸です。 2021/4/24(土)から2021/4/25(日)にかけてハンドセラピィ学会学術集会が長崎県の会場とweb上でのオンライン配信で開催されました。昨年に引き続き、私はオンラインで参加させて頂きました。 学術集会に参加して、早期リハビリテーションへの考え方を深めることができました。早期リハビリテーションとは、怪我の受傷後や手術後、および痛みなどの症状が出始めてすぐに行

PNFの院内勉強会

北柏すごう整形外科の菅原です。 先日、国際PNF協会アドバンスインストラクターの松田 現氏を講師としてお呼びして院内勉強会を行いました。 そもそもPNFというのはProprioceptive Neuromuscular Facilitationの略語であり、日本語では『固有受容覚神経促通法』のことです。1940年代のアメリカにおいて、神経生理学者であるカバット医師や理学療法士のノットらによって神経