ドイツ筋骨格医学の院内勉強会

更新日:2020年6月23日

北柏すごう整形外科の角田です。

2020/6/11(木)にドイツ筋骨格医学の院内勉強会を行いました。

ドイツ筋骨格医学では、評価から治療までの流れがしっかり決まっており、治療を行う際に非常に有用となっています。

ドイツ筋骨格医学会アカデミーのホームページでも『世界的なスタンダードとなっている徒手療法は数多くあるが、唯一“医学”として体系づけられた“ドイツ徒手医学”をDGMSMセミナーシステムに準じて学習、体得ができる』とありますが、そのセミナーシステムを

受講したセラピストが、当院には正会員1名、準会員4名在籍しています。

今回はドイツ筋骨格医学の概要、徒手療法の基礎的な部分について勉強会を行いました。

スタッフ同士で解剖学、運動学などの基礎的な内容の確認も行い、それに従って評価を行い、治療に必要な触診、モビライゼーションまでを練習しました。

人には様々な体格があり、年齢による違いなどもあります。練習を行う際は、毎回同じ人との練習だけではなく、様々な人の身体で練習を行うことも大切です。このように練習を重ねて精度を挙げて治療成績を向上させることは本来とても大事なことだと感じています。

実技の練習を行うことで、より治療の効果を発揮させることができます。単にその内容を

知っている、と出来るでは意味合いが違うと思います。

患者様の身体に触れる仕事でもあるため、リハビリスタッフ一同、患者様がより早く、楽に日常生活が過ごせるように今後もこの取り組みに力をいれていきたいと思います。


閲覧数:557回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一昨年から、知り合いの先生の勧めもありボクシングをはじめています。 年を取ってからのハードなスポーツであり、急に痩せたりしたので患者様にも 「どこか具合が悪いですか」と心配されることもありましたが、いたって元気です。 ボクシングは初めてでしたが、やってみるととても面白い競技です。 持久力、反射神経、動的視力、心肺機能などなど運動にかかわるすべての能力が 必要であり、ひとつひとつを自分の体で検証しな

北柏すごう整形外科理学療法士の根深です。 先日、オンラインにて開催された先進整形外科エコー研究会 「SMAPが、1日で肘を徹底攻略!〜内も外も苦手克服」に理学療法士一同参加しました。 セミナー内容は「肘関節」に焦点を当て、中高年の肘の痛みを解剖学や運動学に基づき、 医師と理学療法士が個々の評価を行い連携し治療していくというものでした。 日常的に起きる肘の怪我の例に「上腕骨外側上顆炎」「上腕骨内側上