検索
  • sugoriha2020

ドイツ筋骨格医学の院内勉強会

最終更新: 2020年6月23日

北柏すごう整形外科の角田です。

2020/6/11(木)にドイツ筋骨格医学の院内勉強会を行いました。

ドイツ筋骨格医学では、評価から治療までの流れがしっかり決まっており、治療を行う際に非常に有用となっています。

ドイツ筋骨格医学会アカデミーのホームページでも『世界的なスタンダードとなっている徒手療法は数多くあるが、唯一“医学”として体系づけられた“ドイツ徒手医学”をDGMSMセミナーシステムに準じて学習、体得ができる』とありますが、そのセミナーシステムを

受講したセラピストが、当院には正会員1名、準会員4名在籍しています。

今回はドイツ筋骨格医学の概要、徒手療法の基礎的な部分について勉強会を行いました。

スタッフ同士で解剖学、運動学などの基礎的な内容の確認も行い、それに従って評価を行い、治療に必要な触診、モビライゼーションまでを練習しました。

人には様々な体格があり、年齢による違いなどもあります。練習を行う際は、毎回同じ人との練習だけではなく、様々な人の身体で練習を行うことも大切です。このように練習を重ねて精度を挙げて治療成績を向上させることは本来とても大事なことだと感じています。

実技の練習を行うことで、より治療の効果を発揮させることができます。単にその内容を

知っている、と出来るでは意味合いが違うと思います。

患者様の身体に触れる仕事でもあるため、リハビリスタッフ一同、患者様がより早く、楽に日常生活が過ごせるように今後もこの取り組みに力をいれていきたいと思います。


217回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オスグッドシュラッター病

北柏すごう整形外科の丹野です。 今回はオスグッドシュラッター病(以後オスグッド)についてお話しします。 オスグッドは膝の脛骨粗面という膝の下の部分に生じる骨端症であり、成長期にスポーツ障害として発症します。太ももの前を覆い膝の下に付着する大腿四頭筋のウォーミングアップ不足や重心が後ろに残った状態、身体が硬い状態でスポーツでのダッシュやジャンプなどで膝を繰り返し屈伸することにより大腿四頭筋の付け根の

筋力測定器を導入しました

北柏すごう整形外科の莅戸です。 リハビリ室に新たに筋力測定器(HHD:Hand Held Dynamometer)を導入しました。 下肢の筋力が低下すると歩くときにふらついてしまったり、歩くのが遅くなることや転んでしまう大きな要因となります。下肢の筋力を測ることは,患者様の筋力を把握するために重要な評価です。特に膝を伸ばす筋力は歩行における足のバランスを保つ目安となり、歩行の安定性や歩行速さと密接

BLS講習に参加して

北柏すごう整形外科の丹野です。 先日、スタッフ2名と院外でのBLS講習に参加してきました。 BLS(Basic Life Support)とは初期救命救急処置のことで、心肺停止や呼吸停止などに対する一次救命処置のことをいいます。 今回参加した勉強会では個人で行うBLSの他に、チームで行うBLSを学びました。4人1組のチームの中でそれぞれ役割を持ち、1人の救助者に対してBLSを行いました。私が担った

受付

​04-7167-0770

リハビリ

変更・キャンセル

​070-5584-0771