検索
  • sugoriha2020

スポーツ障害 北柏すごう整形外科

最終更新: 2020年6月23日

北柏すごう整形外科の角田です。

最近では、ランニングをしている方を多く見かけるようになりました。

皆さんの中には、健康のために体操やスポーツをしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、健康のために身体を動かしていることが、身体を痛め日常生活や仕事にも支障をきたすことがあります。

そのため、今日はスポーツ障害についてお話ししたいと思います。

運動やスポーツによって起こる怪我には、大きく分けて2つの種類があります。

それはスポーツ障害スポーツ外傷になります。

スポーツ障害はオーバーユース、つまり使いすぎによって生じます。小さい負荷でも何回も繰り返し身体に負担がかかれば、身体はこわれていきます。

健康のために運動していても、運動・スポーツのやりすぎでは身体をこわしてしまいます。

スポーツ障害の種類としては、オスグッド病、テニス肘、ジャンパー膝、アキレス腱炎、野球肘、腸脛靭帯炎、疲労骨折などがあります。

スポーツ障害の予防として

運動や練習をやりすぎないために休息日を作っていきましょう。

また、痛みがある場合には無理に運動、スポーツを続けないようにしましょう。多くの方は、少々の痛みがあっても我慢してスポーツを続けてしまう方が多いです。痛みの原因がわからないまま、痛みを我慢してスポーツを続けていると、身体の限界を超え、治療を行っても治りにくい状態となってしまいます。

そのため、痛みを感じたときには決して無理せず、スポーツを中断することが重要となります。

また身体の関節や筋肉が硬い方では、運動時に身体にかかるストレスは大きくなります。日頃からストレッチを行って、体を柔らかくし身体にかかるストレスを減らしてスポーツ障害の予防に努めましょう。


103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。 よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。 <冷やしたほうがいい場合> ・怪我したてで患部が赤くなっている ・熱く腫れている ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー) ・スポーツ後ズキズキ痛むとき <温めたほうがいい場合> ・筋肉が張っているとき ・凝り固まっているとき ・

第33回ハンドセラピィ学会学術集会に参加して

北柏すごう整形外科の莅戸です。 2021/4/24(土)から2021/4/25(日)にかけてハンドセラピィ学会学術集会が長崎県の会場とweb上でのオンライン配信で開催されました。昨年に引き続き、私はオンラインで参加させて頂きました。 学術集会に参加して、早期リハビリテーションへの考え方を深めることができました。早期リハビリテーションとは、怪我の受傷後や手術後、および痛みなどの症状が出始めてすぐに行