検索
  • sugoriha2020

スポーツ外傷 北柏すごう整形外科

最終更新: 2020年6月23日



北柏すごう整形外科の角田です。

柏市でも少しずつ運動をしている方が増えている様です。

学校などでも、そろそろ部活動が始まるかと思います。

先日は、スポーツ障害についてお話ししました。

今日は、スポーツ外傷についてお話ししようと思います。

スポーツ外傷とは一度の大きな力によって、筋肉・靭帯・骨・関節に負担がかかり、

組織がこわれた状態を言います。

スポーツ外傷には脱臼、骨折、捻挫、靭帯損傷、肉離れ、 脳震盪などがあります。

スポーツ外傷は事故的に発症するため予防が難しいことが多いです。

しかし、捻挫や肉離れは日頃の工夫で予防することができます。

足関節の捻挫であれば、足関節の周りにある筋肉のストレッチやトレーニングをすることで予防ができます。

例えば、足が内側に傾いて歩くクセのある人などは、靱帯が簡単な外力で伸ばされやすい状態にある

わけですが、周りにある筋肉を強くしたり、様々な方向へバランスを崩したりしても筋肉の反応を

よくする練習をすることで靱帯が限界を超えて伸ばされることを防ぐ、ということになります。

また肉離れでは、固くなっている筋肉をしっかり伸ばしたり、循環を良くすることで予防が可能です。

肉離れでは、圧倒的に多いのが太ももの裏にあるハムストリングスです。ついで多いのが、太ももの前にある大腿直筋、そしてふくらはぎにある筋肉、下腿三頭筋です。

肉離れの予防のためには、これらの場所を知った上でその筋肉をストレッチして柔らかさを保って

おくことが必要です。

そのためにスポーツをしている人は、日頃からコンディショニングの調整を行うことで、スポーツ外傷でもケガの予防につながったり、ケガの程度を軽減させることができます。

ケガをしてからでは遅いので(ケガをしたりするとそれをかばって動作をおこなうことがクセとなり、練習してきたフォームが崩れたり、ケガ自体が治ってもなかなか以前のパフォーマンスを発揮できないことがあります)、ケガをする前からコンディショニングの調整をしっかりやることが重要となります。



143回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。 よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。 <冷やしたほうがいい場合> ・怪我したてで患部が赤くなっている ・熱く腫れている ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー) ・スポーツ後ズキズキ痛むとき <温めたほうがいい場合> ・筋肉が張っているとき ・凝り固まっているとき ・

第33回ハンドセラピィ学会学術集会に参加して

北柏すごう整形外科の莅戸です。 2021/4/24(土)から2021/4/25(日)にかけてハンドセラピィ学会学術集会が長崎県の会場とweb上でのオンライン配信で開催されました。昨年に引き続き、私はオンラインで参加させて頂きました。 学術集会に参加して、早期リハビリテーションへの考え方を深めることができました。早期リハビリテーションとは、怪我の受傷後や手術後、および痛みなどの症状が出始めてすぐに行