検索
  • sugoriha2020

ストレッチ

北柏すごう整形外科の角田です。

最近では部活が始まり、急に運動を始めたためかケガをしている子が増えています。

ケガにはストレッチやトレーニングによって予防できるものがあります。

そのため、本日はストレッチについて話します。

ストレッチとは、身体の柔軟性や関節可動域を改善させるために筋・筋膜・腱・靭帯・関節包の組織を伸ばすことです。

ストレッチには静的ストレッチと動的ストレッチがあります。静的ストレッチには柔軟性・関節可動域を改善させる効果があります。しかし、パワー・スピード・反応時間が一時的に低下するため、競技の直前にやるべきでないとの意見があります。そのため、競技前には動的ストレッチを行い、柔軟性を高め神経、筋の働きを上げることが重要です。

ストレッチの効果としては、関節可動域の改善、血液循環を高める、疲労の回復、神経・筋の働きをスムーズにする、精神的なリラクセーションがあります。

ストレッチを頑張っているのにケガをしてしまう人には、痛みを無理して我慢して行っている、間違った姿勢で無理して行っている可能性があります。正しい方法(頻度、強度、姿勢)でストレッチを行うことが重要です。

今後、スポーツ障害予防としてストレッチ教室を検討しています。決まりましたらホームページの上で報告しますのでよろしくお願いします。



65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷やすべきか温めるべきか

こんにちは、北柏すごう整形外科の田中です。 よく診察で患者様から「冷やしたほうがいいですか?温めたほうがいいですか?」と聞かれます。 <冷やしたほうがいい場合> ・怪我したてで患部が赤くなっている ・熱く腫れている ・運動後のクールダウンとして患部を冷やす(わかりやすいのは野球のピッチャー) ・スポーツ後ズキズキ痛むとき <温めたほうがいい場合> ・筋肉が張っているとき ・凝り固まっているとき ・

第33回ハンドセラピィ学会学術集会に参加して

北柏すごう整形外科の莅戸です。 2021/4/24(土)から2021/4/25(日)にかけてハンドセラピィ学会学術集会が長崎県の会場とweb上でのオンライン配信で開催されました。昨年に引き続き、私はオンラインで参加させて頂きました。 学術集会に参加して、早期リハビリテーションへの考え方を深めることができました。早期リハビリテーションとは、怪我の受傷後や手術後、および痛みなどの症状が出始めてすぐに行