検索
  • sugoriha2020

ストレッチ

北柏すごう整形外科の角田です。

最近では部活が始まり、急に運動を始めたためかケガをしている子が増えています。

ケガにはストレッチやトレーニングによって予防できるものがあります。

そのため、本日はストレッチについて話します。

ストレッチとは、身体の柔軟性や関節可動域を改善させるために筋・筋膜・腱・靭帯・関節包の組織を伸ばすことです。

ストレッチには静的ストレッチと動的ストレッチがあります。静的ストレッチには柔軟性・関節可動域を改善させる効果があります。しかし、パワー・スピード・反応時間が一時的に低下するため、競技の直前にやるべきでないとの意見があります。そのため、競技前には動的ストレッチを行い、柔軟性を高め神経、筋の働きを上げることが重要です。

ストレッチの効果としては、関節可動域の改善、血液循環を高める、疲労の回復、神経・筋の働きをスムーズにする、精神的なリラクセーションがあります。

ストレッチを頑張っているのにケガをしてしまう人には、痛みを無理して我慢して行っている、間違った姿勢で無理して行っている可能性があります。正しい方法(頻度、強度、姿勢)でストレッチを行うことが重要です。

今後、スポーツ障害予防としてストレッチ教室を検討しています。決まりましたらホームページの上で報告しますのでよろしくお願いします。



59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

椅子への座り姿勢について

北柏すごう整形外科の早坂です。 外出の自粛や在宅でのリモートワークへの変化などで外出や運動の機会が減り、長時間座って仕事やテレビを見る時間が多くなっていると思います。それに伴い、首や腰の痛みを訴え来院している方が多くなっていると感じます。また近年では学生の首や腰の痛みも多く見られます。これも授業やゲームなどで長時間座っていることが理由の一つになっています。 そこで今日は椅子への座り姿勢についての話

受付

​04-7167-0770

リハビリ

変更・キャンセル

​070-5584-0771