検索
  • sugoriha2020

オスグッドシュラッター病

北柏すごう整形外科の丹野です。


今回はオスグッドシュラッター病(以後オスグッド)についてお話しします。


オスグッドは膝の脛骨粗面という膝の下の部分に生じる骨端症であり、成長期にスポーツ障害として発症します。太ももの前を覆い膝の下に付着する大腿四頭筋のウォーミングアップ不足や重心が後ろに残った状態、身体が硬い状態でスポーツでのダッシュやジャンプなどで膝を繰り返し屈伸することにより大腿四頭筋の付け根の骨が引っ張られ炎症が起きてしまいます。


症状としてはじめに膝の下に安静時痛や運動時痛を生じます。この運動時痛の程度は様々で、走ったりジャンプをすると痛い場合や歩くのも困難になるほど痛みが強いこともあります。最初に痛みを我慢して運動を続けてしまうと、痛みが強まり治療期間が長くなったり、膝の下が変形をする場合があります。


オスグッドをしっかり治すためには、まず早期からの運動制限とアイシングが不可欠です。

当院ではその他に、早期から身体の硬さや体幹筋力などをチェックし、負荷をかけすぎない大東四頭筋のストレッチや体幹や足首などの患部外のトレーニングを指導します。安静時痛が治まったら大腿四頭筋のストレッチの負荷を徐々にあげていきます。運動時痛が軽減するとランニングや競技復帰に向けた筋力強化や身体の使い方を訓練し指導します。

このように早期から段階的に競技復帰や再発防止に向け治療を行っています。

ただし、運動レベルの高い人は、どうしてもスポーツをしながら治していくことになります。そのため、超音波検査でオスグッドの炎症の程度を患者様と治療者で確認しながら経過をみてゆくことになります。


最後にオスグッドにならないよう予防するためには、運動前のウォーミングアップと、運動後のクールダウンをすること大切です。ウォーミングアップではジョグやランニングで徐々にスピードを上げ、心拍数上昇や筋肉への血流増加など、身体を温める効果があります。クールダウンではジョギング、ウォーキングで心拍数を落ち着かせ、運動で使った筋肉や太もも、足首周りをストレッチします。ストレッチを省いてしまうとどんどん身体が硬くなってしまい、オスグッド以外にも怪我のリスクが増えてしまうので注意が必要です。

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

PNFの院内勉強会

北柏すごう整形外科の菅原です。 先日、国際PNF協会アドバンスインストラクターの松田 現氏を講師としてお呼びして院内勉強会を行いました。 そもそもPNFというのはProprioceptive Neuromuscular Facilitationの略語であり、日本語では『固有受容覚神経促通法』のことです。1940年代のアメリカにおいて、神経生理学者であるカバット医師や理学療法士のノットらによって神経

筋力測定器を導入しました

北柏すごう整形外科の莅戸です。 リハビリ室に新たに筋力測定器(HHD:Hand Held Dynamometer)を導入しました。 下肢の筋力が低下すると歩くときにふらついてしまったり、歩くのが遅くなることや転んでしまう大きな要因となります。下肢の筋力を測ることは,患者様の筋力を把握するために重要な評価です。特に膝を伸ばす筋力は歩行における足のバランスを保つ目安となり、歩行の安定性や歩行速さと密接

BLS講習に参加して

北柏すごう整形外科の丹野です。 先日、スタッフ2名と院外でのBLS講習に参加してきました。 BLS(Basic Life Support)とは初期救命救急処置のことで、心肺停止や呼吸停止などに対する一次救命処置のことをいいます。 今回参加した勉強会では個人で行うBLSの他に、チームで行うBLSを学びました。4人1組のチームの中でそれぞれ役割を持ち、1人の救助者に対してBLSを行いました。私が担った